あまたの声五月雨のごとく 花を愛でる

椿の花に和んだ散歩道でした。

投稿日:

新型コロナウイルスの感染者がクラスターで多数発生している下関市。昨日、今日とゆめシティが臨時休業になったりして、出かけるのが非常におっかないのですが、店とかに寄らず、道を歩く分には問題ないだろうと思って散歩に出かけました。下関市内は歩いている人が少ないというのあります。

このところ休みの日には買い物から帰って昼ご飯までの間に散歩するのが日課になっていて、歩かないと気持ちが悪いというのもあります。風は冷たいのですが歩いているうちに体が温まってくるので寒さは感じません。

で散歩の途中見かけた向洋町の下関運動公園児童施設。この2つの丸いゲートは眼鏡っぽくないですか。子供たちが好きそうです。

でこの児童施設から下に降りたところに広いグラウンドが見えています。このグラウンドの向こうに陸上競技場や体育館があります。

このグラウンドの真ん中を歩くのははばかられてので、外側を歩いていくと椿の木があって赤い花が咲いていました。萩の椿祭りは2月からといううことでまだ咲いていないと思うのですが、ここは満開でした。すでに落ちている花も多数ありました。

グラウンドの回りに椿の木が何本あったかは数えなかったのですが、10本以上はあったような気がします。

更に歩くと左に市民病院があるのですが、運動公園と市民病院を分けている道路を歩いているとここでも椿が咲いていました。

このあたりは人の行き来が多少はあるのですが、立ち止まって椿を見ている人は一人もいませんでした。私は結構立ち止まって写真を撮ったりしてたんですけどね。風の冷たい冬の1日でした。

では。

-あまたの声五月雨のごとく, 花を愛でる

Copyright© world where it disappears , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.