world where it disappears

下関私生活

*

長崎の祭りと城巡りの旅 その4遠藤周作文学館

   

遠藤周作文学館

遠藤周作といえば狐狸庵先生です。優しそうな笑顔が今でも思い出されます。一番覚えている本といえば「ただ今浪人」、テレビドラマで見て、それから本を買った記憶があります。狐狸庵先生のエッセイもずいぶんと読んだ記憶がありますが、シリアスな物語はほとんど読んいません。文学館を見終わった後にはせめて「沈黙」くらいは読まなければと思いました。

遠藤周作文学館は道の駅「夕陽が丘そとめ」の下、海側にあります。道の駅と同じ所にあると思って着いたのがこの道の駅の建物の前でした。建物が3つ並んでいたのでそのどれかが遠藤周作文学館と思ったのですが、違ってました。

 

遠藤周作文学館

道の駅の前にもこんな看板が出てたし。実際は道の駅を左に行って、階段を降りたところにありました。

 

遠藤周作文学館

ここで道があるのに気がついて、文学館の駐車場まで車で移動しました。

 

遠藤周作文学館

この説明板によると、遠藤周作文学館は平成12年5月に、代表作「沈黙」に登場するトモギ村のモデルの一つであったこの外海の地に開館した、とのことです。

 

遠藤周作文学館

文学館はこの下の白い建物です。

遠藤周作文学館

ここが入り口。駐車場は広くないですが、道の駅に止めて歩いても5分もかかりません。

 

遠藤周作文学館

全景です。駐車場はこの手前側に5~6台分くらいありました。

遠藤周作文学館

手描きっぽい文字で遠藤周作文学館とかかれています。

 

遠藤周作文学館

右の方にはバス停がありました。この奥に見えているのは喫茶「アンシャンテ」。サイトのコラムを読んでぜひ食べたかった「ド・ロさまそうめん」をこの喫茶店でとりました。素麺自体はこの喫茶店でも、道の駅でも売ってました。麺の長さは適度に短くてとても食べやすい煮麺でした。出汁も美味しかったので残さず飲んでしまいました。

 

遠藤周作文学館

遠藤周作本人の筆跡みたいな感じです。

 

遠藤周作文学館

喫茶の窓からも外海の広々とした景色が望めたのですが、文学館に入るまでの間に展望できる場所があって、これはそこから見た景色です。手前に3つ並んだ島の一番左、この島は穴が空いていて向こうが見えてます。この日はPM2.5なのか黄砂なのか遠くがかすんでよく見えませんでした。ちょっと残念ですね。道の駅の名前にも「夕陽が丘」とついてますが、夕日はさぞかしきれいだろうと思います。

 

遠藤周作文学館

文学館の中は撮影できなかったのですが、ゆっくり見ても疲れない程度のいい広さでした。企画展として「遠藤周作と歴史小説」が開催されていて、キリスト教徒の関連する人物の歴史小説がとてもわかりやすく解説されてました。遠藤周作の著作も中で買えるようになってました。

続きます。

 - あまたの声五月雨のごとく , , , ,

  関連記事

ベルギーリネンの布を求めて博多へ行ってきました。

昨日は小雨の中博多まで行ってきました。 1年ぶりに高速バスにのりました。家人の趣 …

冬の太陽に照らされる長府海岸

長府海岸へ行ってきました。   ゆめタウンやナフコが近くて海岸線の道路 …

nanacoのポイントが消えちゃいました。

さて、同僚のSが言うには、セブンイレブンで買い物したら今までのポイントが消えてい …

年金事務所に行ってきた。

朝はしとしと雨でした。天気予報通り午後からは晴れたので、家人の年金請求の手続きの …

カメラをもって興奮しに行こう。いのちのたび博物館歴史ゾーン

引き続きいのちのたび博物館。3階の歴史ゾーン。自然にしても歴史にしてもこのあたり …

花の名前を持つもの達の戦いは?、どうなる?。

日曜日です。仕事です。はかどります。 日曜日、休みたいんでしょうか?。私は平日に …

自分で食べたかった車海老

東京の弟から電話。 歳暮に贈った「車海老」が着いたよ、という報告でした。10日着 …

ひまわりを見てきた。

梅雨も明け、夏休みに入り、夏本番です。   今年いちばんの暑さと言われ …

山口市小鯖にある禅昌寺へいってきました。その1とても暑かった。

最近お腹が出てきたので、出勤時と帰宅時にはできるだけエレベーターを使わず階段を登 …

雨の日は本など読んでいる。

    終日ひどい雨 今日は生ごみの日。ごみを捨てる時に濡れ …