水を楽しむ

柳の水(山口三名水)

更新日:

山口三名水の一つ「柳の水」です。五十鈴川砂防堰堤を越えてダム湖沿いに少しばかり山を登ったところにあります。道から少し奥に入ったところなのでわかりにくいです。目印を知っていれば見つけやすいです。

 

柳の水

五十鈴川砂防堰堤のダム湖沿いに上流に行くと、細い橋が川にかかっています。その横は車を3~4台止められる広い場所があるので車はここに止めて歩きます。(ここから先は車は通れそうにありません。)右の方に民家が見えていますが人の気配は感じませんでした。家には白い犬がつながれていたので人が住は住んでいるのでしょう。民家をやり過ごすと、錆びたドラム缶がころがっています。ドラム缶の横を通って道を外れて川の反対側に向かいます。溝があるので気をつけてください。

 

柳の水

雑草でおおわれて地面は隠れています。雑草の中に小さな花がたくさん咲いています。ここからはまだ柳の水は見えません。道から20m歩いていくと隠れていた柳の水が見えてきます。

 

柳の水

よく見ると地面からビニールパイプが突き出ていて、その先から水が流れ出ています。石桶は2つありますが、左の桶には水が溜まっていませんでした。水は透き通って澄んでいますが、ゴミのようなものが中に浮かんでいます。外にあるのでこれは仕方ないですね。柄杓がおいてあったので、水をすくって手にかけてみました。

 

柳の水

冷たいです。ぬるぬるもしません。飲んでみようかなとも思ったのですが、さすがにやめておきました。かつては茶の湯用の水として重用されたそうなので、おいしい水には違いないと思うのですが・・・。

では。


大きな地図で見る

-水を楽しむ
-,

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.