「風に吹かれて路地を歩いてきた。」 一覧

小月にある日本一大きいという庚申塚

小月を流れる 浜田川の、その名も庚申橋のたもとにある日本一巨大な庚申塚。   ただし、本当に日本一なのかな。多少疑問が残りますが、確かにこんな大きな庚申塚は見たことがありません。 &nbsp ...

路地を歩く 小月の見廻り通り

小月の交差点から本町通りを北へ。履物屋さんの横の旧山陽道が見廻り通り。 山陽道の雰囲気が残っているのはこの右の家くらいかな。   近隣の地図が看板の上に貼られてます。   見回り通 ...

中央図書館前の要通り

下関駅に近い細江交差点のすぐ近く。目の前に中央図書館があるところの路地、要通りです。   せいぜい30メートルほどの細い路地です。昼はこんな感じで寒々として歩くのもはばかられますが、夜はどう ...

セメント町

セメント町 その2

セメント町は大分県津久見市にもあるようです。山陽小野田市同様、セメント工業に由来するものなのかな。 車の通りの多い道路を横切ります。 タバコも売っている衣料品やさん。 このあたりの店舗は日曜日は休みの ...

セメント町

セメント町 その1

山陽小野田市のセメント町のあたりをぶらぶらと歩いてみました。地名表示とお店の地図がありました。   近づいてみると右に小さなセメント町案内図がありました。郵便局の場所と何丁目かの区域表示が書 ...

関門トンネル人道

関門大橋を見ながら歩いて来ました。

関門トンネル人道を通って門司港レトロへ。正月2日だというのに、人は普段よりとても多い。追い抜こうとするとすれ違う人と衝突してしまいそうになるほどです。ジョギングやウォーキングをしている人は今日はあまり ...

彦島福浦散歩

小雨の彦島福浦散歩

12月29日に何をやってるんだと言われそうですが、彦島に来ています。年末の買い物で賑わうアルクに車を止めて福浦港方面へ歩きます。小雨がパラパラ降って空は暗い雲で覆われています。   小さな川 ...

天高く汗ばむ秋 レトロ

天高く汗ばむ秋 その3

長府散歩は今回で終わりです。これは、誰が描いたのかな、松田優作です。   安いけど。什器が錆びてます。   街角の至る所でレトロな商品の展示があります。前より増えたような気がします ...

城下町長府

天高く汗ばむ秋 その2

昨日に引き続き長府散策の様子です。これは功山寺の参道脇。   毛利家墓所。左の階段を上がった正面にありますが、しっかりと門が閉められていて中には入れません。   功山寺近く。民家の ...

城下町長府

天高く汗ばむ秋 その1

城下町長府を散策。壇具川から功山寺、古江小路へ。連休最終日とあって観光客もちらほら。朝は肌寒くても、真昼間は歩くと汗をかきます。空を見上げると雲ひとつない秋晴れでした。   功山寺周辺。 & ...

港がみえる丘の径ふたたび その6

港がみえる丘の径ふたたび その4

日和山公園。その4とその5はまだ歩いてないので。その6は日和山公園から入江町までの道のりです。港は、ん、日和山公園からは少し見えます。歩いたのは6月15日、梅雨の晴れ間で、紫陽花が軒先のあちこちで見ら ...

港がみえる丘の径ふたたび

港がみえる丘の径ふたたび その3

展望広場です。   茶山通りから展望広場へ良く途中、道の真中に木があります。よけて通ればどうということはないですが、夜はちょっと危険な感じです。   で港など全く見えない細い路地を ...

Copyright© world where it disappears , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.